"hand in hand"が発売して2週間

a0282451_11112626.jpg
わをん本当に素晴らしかった、わをんは語るより現場。
けど、ライブレポや、Twitter会場レポからも、わをんが滲み出ていると思う、是非!
http://wawonnowa.blogspot.jp/


そして、hand in hand をリリースしてから2週間
どのくらいの人の目にとまって
どれくらいの人の耳について
どのくらいの人が手に取ってくれたか
少しでも触れてくれたみなさん、本当にありがとうございます。

これがChris Van Cornellです!!っていうのがうまく出せたかなと思います。

CDから感じ取れるChris Van Cornellの雰囲気やイメージはどんな感じなんだろう、今作の"hand in hand"は、日常の風景、自然の風景、田舎の風景など、聴いてる人の今その場面の風景にうまくリンクするような音だと思う。
聴いてくれた人はどんな聴き方(とらえ方)をしているのかな〜、タイトル・曲・歌詞をイメージして自分の聴き方(とらえ方)がある人のそのとらえ方を知りたいな〜、面白そう笑

それじゃあ、まず僕の各曲の聴き方、とらえ方はこんな感じと、ちょっとした解説も含め。



「あの角をまがれば」
昼下がり、若干のアンニュイさも持ちつつ、前へと歩いていけば、そのうち気持ちが晴れるだろ、みたいな雰囲気。
僕たちは色々な葛藤の中、色々な選択をして生きている。
人が生きるうえで欠かす事のできない選択という岐路、僕らは数えきれない程のその場面に出くわしている。「はい」と答えるのか「いいえ」と答えるのか、その一言を言うのか我慢するのか、あの角を右に曲がるのか左に曲がるのか、それぞれの選択の答えがあの角をまがればある。という意味で、あの角をまがればのミュージックビデオを作る時に、メンバー、カメラマン、ヘアメイクさんにはこういう風に伝えました。



「She said」
はじまりの唄。
朝方まで遊び通した日の帰り道、朝靄の中から朝日が差し込んできて、また一日が始まるんだと思わせるような曲。
対談でも話した通りCVCで一番最初に作った曲、スタジオで合わせていく度にどんどん形を変えて来た、現時点でのこの曲に合った落とし所を見つけたかった、最初から朝っぽい曲だねとメンバーの中で共通認識はできていたし、結果、結成から今までのCVCが詰まっている形になりました、どの曲にも言えるけどまだまだ形を変えていくと思う。



「One day in may」
五月のとある一日、初めての土地に訪れた新鮮な気持ちや期待、不安などが入り交じっているような曲、朝から昼過ぎのチェコのプラハの街の画がなぜか浮かぶ、行った事ないですが...。CVCいつきから、基となるワンフレーズをもらい広げていった曲、そのワンフレーズを聴いたらバッとイメージが浮かび形になるのがわりと早かった。



「あの角をまがれば -the beauty remix-」
さすがって感じです笑。凄くかっこいい、とりあえず、聴いてみて下さい!笑






こんな感じに僕は捉えています。
今作"hand in hand"はCVCの明の部分がうまく出ている作品になったかなと思っています。

僕のコンセプトというか曲の作り方っていうか、決まり事があって、今作の「あの角をまがれば」も「She said」も「One day in may」も全部、その曲タイトルが一枚の画のタイトルのようなイメージで作ってます。
chris van allsburgのようなね。http://www.chrisvanallsburg.com/biography.html


次回の作品はこういう部分ももっと伝えていけたらなと思っています。

もっと沢山の方に聴いてもらえるよう!


後藤大輔
[PR]
by chrisvancornell | 2013-04-23 18:10 | 日記(Diary)
<< TOWER RECORDS特典... わをん 2013 -春- >>