ありがとうございました。

a0282451_16574771.jpg
photo by 山川哲矢
いつもありがとう。


5/12Chris Van Cornell 1st Ep "hand in hand" リリースパーティー。
快く出演を承諾してくれたyou you you all the same、WUJA BIN BINケイタイモさん、QUATTROハマ君、ありがとうございました。

yyyatsかっこよかった、もっと曲聴きたかったな…
ピロ君とは、ちゃんと話してからはあまり時間はたってないが、同い年だし、なんか長い付き合い感が出て、CVCやり始めてから色々話聞いてくれたりしてくれてすごい救われてます。

WUJAケイタさんのDJの選曲が凄く好きだし、すごくCVCに合ってると思うんだ、初イベントでケイタさんのDJ聴いた瞬間におぉっ!!って思った、こういう感じ凄くCVCにいい、流してた曲教えてもらわなきゃ!ってね。今まで3回のCVCイベントには全部出てくれています、本当嬉しいです。

急なお誘いでも快く承諾してくれる、優しいしQUATTROハマ君、最高です、僕もハマ君を呼ぶ事を熱望してたけど、僕以上にほりたくんが嬉しかったんじゃないかな、ハマ君のかける曲も好きだ。

そんなお二方のDJの間にライブが出来て、テンションあがった、最高でした。

そして、見に来てくれた皆さん、本当にありがとうございました。
関係者のみなさん、Gladのみなさん本当にありがとうございます!!

本当に嬉しかった、楽しかったし、もうライブがやりたいな。
曲って、ライブをやるたびに違った表情を自分に見せるんだなと再確認、楽しいよ、楽しい。
もっと色んなところで演奏したいな。
これからはライブの場を少し増やして行こうと思います。


スウェーデンからkatie goes to tokyoというアーティストが6月初旬に来日する、
そこで僕らとkatieサイドで一緒に都内でライブやれないかということで、
6/7の金曜日、北参道ストロボカフェにて僕らとkatieを混ぜてもらいました。
この日の僕らはバンド編成ではなく、haruka & daisukeという形で出ます。
ゆる〜く、CVCの曲などをアコースティックギターとピアニカとかでやろうと思っています。
詳細はCVCホームページにて今日追加になると。
http://www.chrisvancornell.net
katieはこんな感じです。
http://www.katiegoestotokyo.com/


そして6月はもう一本、近日中に解禁します。

そして、7月14日はCVC初の大阪、FLAKE RECORDS presentsです。
She Her Her Hersと一緒にレコ発、楽しそうだな。
何よりFLAKEのイベントに出れるのが嬉しい。
詳細はこちら
http://www.flakerecords.com/news_toneflakes48.php


そんな感じで、僕らの今が沢山詰まっている、1st Ep "hand in hand"をこれからも宜しくお願いします。



後藤大輔
[PR]
by chrisvancornell | 2013-05-14 18:10 | 日記(Diary)
<< YSIGモーリスさん展 "あの角をまがれば&... >>