ほりたreview.no2

Raujika

第二回は先月よく聞いていた一枚を紹介。
RaujikaのLost Imagination

エレクトロミュージック(電子音楽)とエレクトリックミュージック(電気音楽)の違い、
以前自分がとても納得した電子音楽と電気音楽の説明は、
電子音楽は電気を使って新しい音楽を想像する姿勢を持った音楽のこと、
電気音楽は電気をただ単に使った音楽。
自分のイメージだと電子音楽は、例えば大きな送電線があるとその近くではジィーー、て電気的なノイズが聞こえてきますがそのような音を加工して作った音楽。
電気音楽は既存の電源がついた楽器で音をだして作った音楽といった認識。
なんでこんな説明をするかというとロックバンド主体で育った人の
エレクトロミュージックの概念って打ち込みの要素が強い音楽が
イコールでエレクトロって思う人が多いと思うのです。(自分もそうでした)

で今回のRaujikaは電子音楽も電気音楽も両方を味わえるアルバム。
(全体としては電気音楽の要素が強いですが)
中でもRequiemという曲がとても好き。きれいで柔らかなピアノの音と
打ち込みのドラム。その裏でずっと電子のノイズ音が入っていてピアノという
生楽器の裏でこのノイズのジリジリとした音の重なりそうで重ならない
音の感触が切なくて絶妙。
もしかするとただレコードを再生するときのノイズをイメージしただけかも
しれませんが、、、、
まぁそれはそれで。

今週は数年ぶりにサマーソニックに行ってきます!!

ほりた

[PR]
by chrisvancornell | 2014-08-13 00:00 | ほりた(review)
<< ほりたreview No3. ほりたの企画をスタート。 >>