ほりたreview No8.

第8回。

高校を卒業して何ヶ月か経過した時、ふとしたきっかけでジャズドラマー、
ジョージ川口氏のローディーをやることになった。
(今はあまり使われないかもしれないが適切な言葉としてはローディーではなくボーヤ。)
ドラムセットを運搬し、セッティングして舞台袖や客席からライブを観て、
終わったら撤収して積み込むという仕事を約三年ほどしていた。
高校時代からジャズを聞いていたがこの仕事をしている時にジャズのスタンダードと
呼ばれる曲はたくさん聞いた。聞いていただけなので曲はわかるが曲名を未だに
知らないというものもわんさかある。
そんなボーヤ時代に聞いた中でダントツで好きになった曲が二つある。

1曲目、What a Wonderful World
いわずもがなの名曲ですがジョージダグラス作曲で、
ルイアームストロングが歌っている曲。
日本でもよくカバーされていて耳に入る機会も多いのでここでは
文字数の関係で説明を割愛。

2曲目、misty
先ほどダントツで2曲といいましたがこの曲が一番好きなジャズの曲であります。
Erroll Garnerの作った曲。
ボーヤでライブ見ててもピンとくる曲はあまり無かったのですが(演奏は別)
初めてmistyを聞いた時、焦燥感に切なさがこみ上げてくるような感覚に
なり、すごい曲だと非常に感動したのを10年ぐらいたった今でも覚えています。
この曲のドラムはブラシでジワジワと奏でるのですがブラシは
スティックにはでない叙情性がダイレクトに伝わる気がするので好きなのです。

今回も音楽的な解説が少なく自分史みたいになりましたがこれはこれで
よしとしてください。
ジャズ最高。
https://www.youtube.com/watch?v=P_tAU3GM9XI


ほりた

[PR]
by chrisvancornell | 2014-09-24 20:02 | ほりた(review)
<< ほりたreview No9. ほりたreview No7. >>