ほりたreview No18.

第18回、今を感じる一枚。
Left Right ArmsのScapes LP(2014年)
CD屋で試聴している時に淡い紫色のジャケットに惹かれて聞いてみたら
チルウェイブ感満載で歌メロもさりげない感じが絶妙。
調べてみたら日本人の方なのですね。凄いセンス。
情報過多な時代ですが音楽の世界だと世界の片隅で誰かがネットにアップした
音楽を地球の裏側にいてもすぐ聞ける時代。
自身の取捨選択がしっかりできていれば様々な音楽を吸収してどんどん
面白い音楽が生まれてくる。
最近は日本人バンドもUKインディーズ的なバンド!!(あまり好きな表現ではないが)
とかよく紹介されていたりもしますがバンドミュージックも
進化し続けているのでしょうね。

Left Right Armsはバンドではないらしいですが(笑)、このアルバムを聴いていて
そんなことを思いました。
一撃必殺のキラーチューンではなく全ての曲が適度に心地よい。
それだけで十分買って満足した一枚でした。

ほりた
[PR]
by chrisvancornell | 2014-12-03 01:02 | ほりた(review)
<< ほりたreview No19. ほりたreview No17. >>