12/14 渋谷と新木場

a0282451_16543521.jpg

渋谷
[.que] presents ”welcome stranger”
本当に楽しかった。呼んでくれて、こんな素晴らしい機会をくれた[.que]くんに感謝です。Organic Stereoさんから、すごくいい雰囲気でバトンを渡していただいたおかげで僕らも最高な雰囲気の中で出来ました。
MCでは、上手く話せませんでしたが、8年位前に広島で、[.que]くんはメロコア、自分は、自分は…明るいワイワイ系…のバンドをやっていた時に、ツアー先で一緒に共演したぶりの共演でした。
そして、8年後にお互い大胆にジャンルを変えた形での共演。
ちょっと前に[.que]くんとガッツリ話す機会があって、やっぱりお互いバンドをガンガンやってたから共感できることだらけで、今はエレクトロニカをやっているけど、中身は純度100%のバンドマンという所にもすごく惹かれてしまう。
8年前の広島では話を交わすことはなかったけど、なぜかすごい仲良くて8年ぶりに会ったみたいな感覚がすごいした。会った瞬間から思い出話、近状報告の話が止まらなかった笑。
本当に[.que]くんありがとうございます。そして今後ともよろしくです。


新木場
そして、この日はもう一つ自分にとってとても大事なFRONTIER BACKYARD10周年。
本当におめでとうございます。
僕の音楽人生において、より刺激をもらい、勉強させてもらい、いちバンドマンとしても、ファンとしても、1番多くライブを見させてもらいました。
それは今も変わらず。
追っかけていきたいと思います。
そして、また早く、一緒にライブができるように頑張ります。


2014年12月14日は、こんな感じで、とても濃い一日でした。
この日のライブで2014年のchris van cornellのライブ活動は終わりました。ライブに足を運んでくれた方、僕らの音楽を聴いてくれたみなさんありがとうございます。
2015年も僕らなりに楽しくやっていき、楽しさをより多くの人と共有していきたいです。
そして、新しい音源を必ず届けたいと思っています。



後藤大輔
[PR]
by ChrisVanCornell | 2014-12-19 16:55 | 日記(Diary)
<< ほりたreview No21. ほりたreview No20. >>