ほりた review No46.

今回は番外編。
先週フジロックへ行ってきました。
もう何回参加したか覚えていませんが、たぶん8回目くらいかと。

今年は3日目のみ参加したのでその日を振り返ります。

10時頃会場に到着。
まず食事をと思い会場でいつも1日2回は食べるタレカツ丼を求めオアシスへ。
(オアシスとは、会場内にあるフードエリア)
しかし!!!いくら探してもタレカツ丼が見つからない!!
おそらく出店が無くなったのでしょう、、空腹兼無念な気持ちのままホワイトステージへ。
まず初めにみたのはTXARANG。
レゲエロックみたいなバンド。裏打ちのリズムが心地良く、90年代JPOPを感じる歌のメロディーも良い塩梅。
途中暑さに負けそうになりAVARON付近の森へ移動。
しばらく涼んで次はcero!!
音源はよく聞いていましたがライブは初めて観た。
感想、素晴らしかった。
ヘブンへ移動しBLOODEST SAXPHONE.
日本のスウィングジャズバンド。ドラムがナイスプレイでした。
移動タイム。
オレンジコートの跡地を通り過ぎ奥地cafe de parisに行き謎のポールダンスを数分眺め、ホワイトステージ付近の川に移動して休憩。
体力を回復させ、オアシスに戻りご飯を食べている時、目の前をアコギを運んでいるふくよかな体型の男性とモデルのような女性が通った。そのふくよかさに覚えあり。
そうof monsters and menのボーカルのお二方でした。
GANBANブースでのミニライブへ向かう道筋だったのです。
自分もミニライブ待ちでオアシスで待機していたのですが偶然。
そしてサウンドチェックやミニライブを観て、眠気がピークになったので一旦車へ戻り仮眠。
仮眠明けにグリーンステージで椎名林檎氏を観る。アコーディオンの音が印象的だった。
ライブが終わりレッドマーキーで涼もうと思い移動したら道中またまたふくよかな男性を発見。
そう、of monsters and menのボーカルの二人とまた遭遇。
誰も話しかけていなかったので話しかけようと小走りで向かったら先にファンの
数人に囲まれてしまった。
すぐスタッフの方がお二人をバックヤードへ回収。
一緒に写真撮って欲しかったな。
悔しさをかみしめながらRIDEを数曲観る。
間違いなく気持ち良すぎる音でした。

そしてレッドマーキーのラストを飾るof monsters and menへ。
二年前観た時と比べものにならないレベルでたくましいバンドの
音になっていて感激した。気づくとボーカルのナンナに恋している自分がいた。
アンコールまでしっかりと観て最後は、ノエル。
説明不要。日本人が英語で合唱している状況というのは普通にありえない事だと毎回思う。
言葉を越えすべてが繋がりあうロックの魔法を体感した。

その後帰宅。
フジロック楽しいですよ。行った事の無い人は一度は行った方がよいと思う。
音楽の聞こえ方が変わってきますよ。


ほりた
[PR]
by ChrisVanCornell | 2015-07-29 23:43 | ほりた(review)
<< ほりた review No47. 最近のできごと >>