ほりた review No50.

第50回。

9月に入りました。
今回も番外編を。
これも昔書いていたblogの文です。(6年前)

『それ以外の価値に気づいた。』

先月の深夜1時。千葉の某コインパーキングに車を停めていた。
スタジオが終わり駐車場から車を出す。
料金は300円。千円札を投入。おつりが600円出てきた。
えっ!!?!100円足りないよ。と思い探すがどこをみても無かった。
なぜかこんな時でも気分は不思議なほど穏やかで「まぁ、いっか」と思い、まったく怒るという感情は湧いてこなくて、気にせずこんなこともあるのだな、と
そのままルンルン気分で帰宅した。

そして今週。
地元のコインパーキングに車をとめていた。
料金が600円だったので600円を投入。
んっ!?!?!
なぜかおつりBOXに100円玉があるよ!!!

こんな巡り合わせもあるんだな。と自分で驚きつつ、
穏やかな気持ちで 時を過ごしているとこういう風に巡り、巡り、めぐりにめぐって
結局は自分自身に返ってくるんだなと感じました。

優しいことをしたら優しいことがかえってくる。
穏やかな気持ちでいたら穏やかな気持ちをもった人と出会えたり。

この世の流れは予想がつかなくておもしろいですね。
今回は100円玉に色々教えてもらった。
ありがとね、100円玉。



考察、
自分が昔書いたblogや日記って今読むと考えの思考や目線が今と違って
おもしろい。
そしてこの時はCVCの前に活動していたバンド時代に書いた
blogなので千葉でスタジオに入っていたという今と違う風景や
その時の感覚というのが蘇ってくる。

あれから時は流れ、良いところも悪いところも人としてどちらも成長し、
今がある。
けど、あの時も今もやっていることと気持ちは何も変わっていない。
仕事してひたすら音楽を作ってバンドをやる。
高校生の時は学校行ってバイトに行き帰宅して楽器を弾く。
楽器を初めてはや18年。
音楽は知れば知るほど深すぎて掘り下げてもゴールは見えない。
だからおもしろいしやめられない。

ふとした巡り合わせで今もこうして音楽を続けているからこそ毎日がおもしろい。
まだまだ前進。


ほりた
[PR]
by ChrisVanCornell | 2015-09-02 23:40 | ほりた(review)
<< ほりた review No51. ほりた review No49. >>