ほりた review No52.

a0282451_21551624.jpg

第52回。
Tobias jesso Jr.のGoon(2015)
カナダのシンガーソングライター。

まず耳を奪われた曲は3曲目のWithout You
一番初めの一瞬の逆再生音にセンスを感じ、ポールマッカートニーのバラードのような
耳にすぐ馴染む優しいメロディーライン。
シンプルなアレンジだけど一音一音が身に沁みてきて何度もリピートしてしまう。

5曲目のThe Waitはアルペジオに4つ打ちリズム。
the切ないコード進行でなく、程よく切ないコード進行に歌のメロディー。
30歳越えるとこのくらいさらっとした歌のメロディーのほうが耳にフィットする。

そして、7曲目For you
アルバム一枚聞いた時に振り返るとこの曲が一番好きだった。
ストリングスも出てきて、歌は切ないのに陽気なビート感のバンドサウンド。

切ないものに陽気なものを合わせる。
このマッチした雰囲気が音楽を立体的に聞こえさせる。
これが自分の思う良い曲の条件の一つ。


アルバムを通してポップでフォークな音楽の質の良さを感じる一枚でした。


ほりた
[PR]
by ChrisVanCornell | 2015-09-16 21:56 | ほりた(review)
<< ほりた review No53. ほりた review No51. >>