ほりた review No53.

a0282451_0124336.jpg


第53回。
秋に聞きたい音楽。
今回はとても好きなのにまだレビューに書いてなかったstephen bishop。
アメリカのシンガーソングライター。
AORテイストの音楽で好きなのはボビーコールドウェルとこのスティーブンビショップは自分の中でもとても好きなシンガーソングライターです。

70年後半から80年代にかけての作品がとても良く、まずはベスト盤から聞きはじめた。
そして気に入る曲が多すぎてリピートからのリピートで何度も自分の耳を癒してくれました。

on and on
うっすらボサノバ調のリズムに胸キュンな大人のメロディーライン。
しっとりとした雰囲気が最高。

one more night
ロックバンドのバラードとは違う、楽器の音圧ではなく歌のメロディーで高揚していく雰囲気。
繊細なアコギのストロークが音の広がりを膨らませ切ない。
大人のバラード。

It Might Be You
こういう曲を胡散臭くなく聞かせるのはハイレベルなセンスとしか言いようがない。



バンド=ロック=エレキギター。というケースが多い昨今、曲に独特な個性をがっついて入れるのもよいけど、
シンプルなアレンジで主となるメロディーに対し全員が優しく寄り添いあうように立体的に
覆いこむ曲というのがまたこの2010年代に溢れてくるといいな、と思います。
[PR]
by ChrisVanCornell | 2015-10-01 00:14 | ほりた(review)
<< ほりた review No54. ほりた review No52. >>