カテゴリ:日記(Diary)( 44 )

YSIGモーリスさん展

a0282451_10353648.jpg
先日、Kit galleryに、YOUR SONG IS GOODSモーリスさんの絵の展示会に行った。

前からモーリスさんのブログで絵は見てたけど、生で見るとまた違う感動をうけた
すでに入った瞬間で「わぁ〜あの絵達がいる!」って感動しました
モーリスさんが、お客さんに絵を詳しく説明しているのを僕もずっと聞いていました。
いいタイミングだったな笑

また、展示中に流れていたBGMもかなり気持ちいい音楽が沢山流れていて、沢山チェックしてきました。

居座っていたら、カジヒデキさんもご来店され
モーリスさんとカジさんの音楽トークがすごかった
自分が無知すぎ...もっと探らないとな。
でも、自分が欲していた方面、新しい方面の音を沢山知れた。

先輩の方々の音楽のルーツの話しって本当に面白い
話しに出て来たアーティストは聴いてみたくなる
本当すごくいい話しが聞けた
絶賛レコ屋で探し中です。

イベントやライブ会場でお会いする事は多々あるが、
こういった時に、こういう場所でお会い出来るっていいですね
Kit galleryすごい空間だ。


また行きたい、お邪魔しました。


後藤大輔
[PR]
by chrisvancornell | 2013-05-20 18:10 | 日記(Diary)

ありがとうございました。

a0282451_16574771.jpg
photo by 山川哲矢
いつもありがとう。


5/12Chris Van Cornell 1st Ep "hand in hand" リリースパーティー。
快く出演を承諾してくれたyou you you all the same、WUJA BIN BINケイタイモさん、QUATTROハマ君、ありがとうございました。

yyyatsかっこよかった、もっと曲聴きたかったな…
ピロ君とは、ちゃんと話してからはあまり時間はたってないが、同い年だし、なんか長い付き合い感が出て、CVCやり始めてから色々話聞いてくれたりしてくれてすごい救われてます。

WUJAケイタさんのDJの選曲が凄く好きだし、すごくCVCに合ってると思うんだ、初イベントでケイタさんのDJ聴いた瞬間におぉっ!!って思った、こういう感じ凄くCVCにいい、流してた曲教えてもらわなきゃ!ってね。今まで3回のCVCイベントには全部出てくれています、本当嬉しいです。

急なお誘いでも快く承諾してくれる、優しいしQUATTROハマ君、最高です、僕もハマ君を呼ぶ事を熱望してたけど、僕以上にほりたくんが嬉しかったんじゃないかな、ハマ君のかける曲も好きだ。

そんなお二方のDJの間にライブが出来て、テンションあがった、最高でした。

そして、見に来てくれた皆さん、本当にありがとうございました。
関係者のみなさん、Gladのみなさん本当にありがとうございます!!

本当に嬉しかった、楽しかったし、もうライブがやりたいな。
曲って、ライブをやるたびに違った表情を自分に見せるんだなと再確認、楽しいよ、楽しい。
もっと色んなところで演奏したいな。
これからはライブの場を少し増やして行こうと思います。


スウェーデンからkatie goes to tokyoというアーティストが6月初旬に来日する、
そこで僕らとkatieサイドで一緒に都内でライブやれないかということで、
6/7の金曜日、北参道ストロボカフェにて僕らとkatieを混ぜてもらいました。
この日の僕らはバンド編成ではなく、haruka & daisukeという形で出ます。
ゆる〜く、CVCの曲などをアコースティックギターとピアニカとかでやろうと思っています。
詳細はCVCホームページにて今日追加になると。
http://www.chrisvancornell.net
katieはこんな感じです。
http://www.katiegoestotokyo.com/


そして6月はもう一本、近日中に解禁します。

そして、7月14日はCVC初の大阪、FLAKE RECORDS presentsです。
She Her Her Hersと一緒にレコ発、楽しそうだな。
何よりFLAKEのイベントに出れるのが嬉しい。
詳細はこちら
http://www.flakerecords.com/news_toneflakes48.php


そんな感じで、僕らの今が沢山詰まっている、1st Ep "hand in hand"をこれからも宜しくお願いします。



後藤大輔
[PR]
by chrisvancornell | 2013-05-14 18:10 | 日記(Diary)

"あの角をまがれば"MV撮影のとき

a0282451_18591590.jpg

2013年3月3日
"あの角をまがれば"MV撮影

とにかく寒かった...笑
MV撮影の時に、みんなでカメラで遊んで撮っていた写真を何枚かアップします。

http://chrisvancornell.tumblr.com/post/49846222731/2013-3-3-mv-dir



後藤大輔
[PR]
by chrisvancornell | 2013-05-07 19:11 | 日記(Diary)

5/12"hand in hand"リリースパーティー

a0282451_11104487.jpg
5/12のhand in handのリリースパーティーまで2週間。

是非見に来てもらいたい、CDとは違った、またCDより僕らの雰囲気を感じれるはず。
5/12は今やれる曲は全部出し切ります、ゲストはオープニングアクトに一組だけだから、ほぼワンマンに近い感じになるかな。
このリリースパーティーを終えてからは、しばらくは自主企画はやらない予定です。イベントにはちらほら出る予定。
なので曲をいっぱいやるこの機会に是非見に来てもらいたい、よろしくです。


そんな僕らの企画にオープニングで出てくれる、「you you you all the same」元yatchピロ君とTHE STARBEMSゴスケ君、HOLIDAYS OF SEVENTEENのしんや君率いるインストバンド、しかも初ライブ。
ピロ君とゴスケ君とは、現在ヒダカさん、にしくん、あつしさん、てらおさん、ゴスケくんがやってるTHE STARBEMSになる前のヒダカトオルバンドの時に一緒に演奏してました、ピロ君はもっと辿れば、僕とたかちゃんがやってたASPHALT FRUSTRATIONの時に出た蓮沼というイベントでyatchと一緒だったのを覚えています、2007年くらいかな、当時は話す事なく終わりましたが、なんで話さなかったのかな…こんなに今は仲いいのに笑。



そして、DJには、毎回僕らのイベントに出てもらっています、WUJA BIN BINケイタイモさん。
ケイタさんの選曲がすごく好き、詳しい事は、こちらも今日掲載された、僕とケイタさんの対談記事をご覧下さい笑。→http://hih.chrisvancornell.net/




5/12はバンドは、you you you all the sameとChris Van Cornellの二つ、DJはケイタイモさん、もしかしたら増えるかも…、まぁみんなで楽しい日にしましょう!是非お越し下さい!イープラスにて→http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002096543P0030001P0006


是非、hand in handを聞いて5/12に遊びに来てくれたら嬉しい。
http://www.chrisvancornell.net/



後藤大輔
[PR]
by chrisvancornell | 2013-04-30 18:10 | 日記(Diary)

TOWER RECORDS特典バッチの種類

みなさんは誰のバッチが出ましたか?
a0282451_15145130.jpg

a0282451_151534.jpg

a0282451_151518100.jpg

a0282451_15153120.jpg

a0282451_15154294.jpg

a0282451_15155256.jpg



http://www.chrisvancornell.net/


後藤大輔
[PR]
by chrisvancornell | 2013-04-25 18:02 | 日記(Diary)

"hand in hand"が発売して2週間

a0282451_11112626.jpg
わをん本当に素晴らしかった、わをんは語るより現場。
けど、ライブレポや、Twitter会場レポからも、わをんが滲み出ていると思う、是非!
http://wawonnowa.blogspot.jp/


そして、hand in hand をリリースしてから2週間
どのくらいの人の目にとまって
どれくらいの人の耳について
どのくらいの人が手に取ってくれたか
少しでも触れてくれたみなさん、本当にありがとうございます。

これがChris Van Cornellです!!っていうのがうまく出せたかなと思います。

CDから感じ取れるChris Van Cornellの雰囲気やイメージはどんな感じなんだろう、今作の"hand in hand"は、日常の風景、自然の風景、田舎の風景など、聴いてる人の今その場面の風景にうまくリンクするような音だと思う。
聴いてくれた人はどんな聴き方(とらえ方)をしているのかな〜、タイトル・曲・歌詞をイメージして自分の聴き方(とらえ方)がある人のそのとらえ方を知りたいな〜、面白そう笑

それじゃあ、まず僕の各曲の聴き方、とらえ方はこんな感じと、ちょっとした解説も含め。



「あの角をまがれば」
昼下がり、若干のアンニュイさも持ちつつ、前へと歩いていけば、そのうち気持ちが晴れるだろ、みたいな雰囲気。
僕たちは色々な葛藤の中、色々な選択をして生きている。
人が生きるうえで欠かす事のできない選択という岐路、僕らは数えきれない程のその場面に出くわしている。「はい」と答えるのか「いいえ」と答えるのか、その一言を言うのか我慢するのか、あの角を右に曲がるのか左に曲がるのか、それぞれの選択の答えがあの角をまがればある。という意味で、あの角をまがればのミュージックビデオを作る時に、メンバー、カメラマン、ヘアメイクさんにはこういう風に伝えました。



「She said」
はじまりの唄。
朝方まで遊び通した日の帰り道、朝靄の中から朝日が差し込んできて、また一日が始まるんだと思わせるような曲。
対談でも話した通りCVCで一番最初に作った曲、スタジオで合わせていく度にどんどん形を変えて来た、現時点でのこの曲に合った落とし所を見つけたかった、最初から朝っぽい曲だねとメンバーの中で共通認識はできていたし、結果、結成から今までのCVCが詰まっている形になりました、どの曲にも言えるけどまだまだ形を変えていくと思う。



「One day in may」
五月のとある一日、初めての土地に訪れた新鮮な気持ちや期待、不安などが入り交じっているような曲、朝から昼過ぎのチェコのプラハの街の画がなぜか浮かぶ、行った事ないですが...。CVCいつきから、基となるワンフレーズをもらい広げていった曲、そのワンフレーズを聴いたらバッとイメージが浮かび形になるのがわりと早かった。



「あの角をまがれば -the beauty remix-」
さすがって感じです笑。凄くかっこいい、とりあえず、聴いてみて下さい!笑






こんな感じに僕は捉えています。
今作"hand in hand"はCVCの明の部分がうまく出ている作品になったかなと思っています。

僕のコンセプトというか曲の作り方っていうか、決まり事があって、今作の「あの角をまがれば」も「She said」も「One day in may」も全部、その曲タイトルが一枚の画のタイトルのようなイメージで作ってます。
chris van allsburgのようなね。http://www.chrisvanallsburg.com/biography.html


次回の作品はこういう部分ももっと伝えていけたらなと思っています。

もっと沢山の方に聴いてもらえるよう!


後藤大輔
[PR]
by chrisvancornell | 2013-04-23 18:10 | 日記(Diary)

わをん 2013 -春-

a0282451_1622527.jpg
いよいよ、明後日はわをん。
ノウギョウと音楽の異文化クロスオーバー

普段は農場になかなか行く機会がない若い方達のきっかけに音楽があるってのがすごく興味深く、どれくらいの可能性を秘めてるかは未知ですが、時間をかけて作るとかそういう意味合いでは音楽も一緒、このクロスオーバーの先は何かあるんじゃないかと興味も期待も大きいこのわをんに、微力ながら今回からわをんに少し関わらせてもらってます。声をかけてくれたtccm下村さんとFREE THROWたいらさんには本当に感謝しています。

わをんを通していろんな方達と関わる事が出来ているので本当に楽しいです。
また、ノウギョウと音楽のような異文化のクロスオーバーが、少し形は違うけど、わをんを通して動いていて沢山感じられて、すごい嬉しくなった。

・タワーレコード千葉店で、わをんのポスターを見て、普段行かない千葉LOOKに初めて行きチケットを買いに行った。

・最初からサマソニは息子が大変だと思い、わをんなら息子をフェスデビューさせてあげられると、行った事のない千葉PLUGSに家族4人分のチケットを買いに来た。

この話しを聞いて感動してしまいました…
なんかわからないけど、優しいっていうか、穏やかっていうか、温かいっていうか、なんかそんな言葉が沢山詰まってるのが、わをんだと思う。
こういう所でもクロスオーバーが生まれていて、わをんってすごいなと日々感じています。

21日、当日はきっといい一日になる。楽しみましょう!!

当日は、ライブでMC少なく沢山曲をやろうと思うので、先にここで話しておきます笑、ってMCではもともとうまくはしゃべれないからってのもあり…ここで思った事を書いてみました。

明後日が楽しみだ。



後藤大輔
[PR]
by chrisvancornell | 2013-04-19 18:30 | 日記(Diary)

hand in hand発売

昨日の、田上さんとのやきとりから、わをんプレイベント楽しかった、tccm下村さん、FREE THROW平さんと神さん、FBY田上さん、LITE井澤さんお疲れさまでした、昨日放送中に話した通り今回から色々やらせてもらっています、色んな所で色んな方と話せて単純に楽しいです!

そして、放送中に告知をがっつりやってしまいました…、そんな予定じゃなかったのに...って訳でもありませんが。

早い所では今日から店頭に置かれています、とうとう明日、4/10にChris Van Cornell初のCD"hand in hand
"が発売です。
全4曲、うち1曲はThe Beautyリミックス、視聴はこちらで出来ます⇩
https://soundcloud.com/chrisvancornell/hand-in-hand-4song-mix

販売店は、TOWER RECORDS、HMV、Amazonなど。
JET SETや大阪 FLAKE RECORDS、mona record、桜上水 223、千葉 PLUGS、青森 Brugesでも購入出来ます。
あとはライブ会場物販かな。

特典が付くのは
●TOWER RECORDS
絵描き佐々木淳氏による「Chris Van Cornellメンバーイラストバッチ」※CD一枚につき一個、誰が出るかはお楽しみに笑
●FLAKE RECORDS
「新曲一曲"same old"」
●mona record
「ライブ音源 "tatata" at strobe cafe 201302」
になります、その他詳しい情報はこちらhand in handスペシャルページを見てね
http://hih.chrisvancornell.net/


今日新たな情報としてKIWA KIWA企画でWUJA BIN BINケイタイモさんと僕の対談記事が掲載されました、こちらにて↓
http://www.kiwakiwa.jp/2013/04/09/daisukegoto_keitaimo/


さらにもう一つ新たな解禁を...「あの角をまがれば」のMV解禁!!!!!

そして最後に今日、10日に日が変わる頃にCVC WEBがリニューアルします、宜しくお願いします!



そんな感じでざっくり話してきましたが、
まぁ中学の時に楽器初めてバンド組んで、高校〜専門とライブばっかりやって、19歳からASPHALT FRUSTRATIONを始め、25歳で活動休止して、そこからChris Van Cornellを始めたけど、なかなか形にならずに悶々としていたら、DJでもと声をかけてくれたり、忘れもしない新木場STUDIO COASTのライブまでリハが二日後に一回という状況で、どの曲をやるのかもまだ知らない時に、「とりあえず曲送りまぁ〜す」とビークルの曲、100曲以上渡されてっていう、パンチの効いた感じで始まったヒダカさん(THE STARBEMS)バンド、2年弱一緒にやり公私共にお世話になり、そしてChris Van Cornell、アスファルトが休止してから色んな方に救われながらChris Van Cornellもやってこれたかなと思う、2012年11月の初ライブからCVCはぐんっとエンジンがかかってきた!どうなるも自分等次第、そこが楽しい笑、もう途中で止まったり、辞めたりしません。



hand in hand聴いてー!!それだけー!!


後藤大輔
[PR]
by chrisvancornell | 2013-04-09 19:00 | 日記(Diary)

インタビュー

a0282451_18333765.jpg
Chris Van Cornell、4/10 1st Ep"hand in hand"リリースを記念して、音楽ニュースサイトKIWA KIWAさんでのインタビューがアップされました。


メンバー6人がそれぞれ加わった経緯や結成からリリースにあたるまでなど、他諸々語ったりしてます。

インタビュー当日は、スタジオ終わりに、メンバー6人とMgとPA三谷さんとライターさんとカメラマンさん、計10人という大人数で取材場所へ。
久しぶりの取材楽しかった、すごいフラットな状態で話したな笑

リリース前にこのインタビューを読んでから"hand in hand"を聴いてみたり、"hand in hand"を聴いてからインタビューを読んでみてもまた違った捉え方になるのではなんて思ったり。
まぁ、今のCVCはこんな感じです。(取材は2月頭)

読んでみて下さい〜!
http://www.kiwakiwa.jp/2013/03/21/chris-van-cornell_interview/


もう何本か取材を受けたので、そちらもチェックよろしくです!
対談です!誰とかはまだ内緒....笑
時期にアップされると思います!


それと、4/21に千葉で開催される「わをん」
プレイガイドでチケット買をうと4,000円、千葉LOOKとPLUGSでチケット購入をすると3,500円とお得、いいね。
TOEWR RECORDS千葉店や、ららぽーと南船橋店、稲毛K's Dream、スタジオパックス船橋店にもフライヤー、ポスター置いてあるので宜しくです。
http://wawon.me/


後藤大輔
[PR]
by chrisvancornell | 2013-03-23 12:00 | 日記(Diary)

一ヶ月切ったわけで

a0282451_11513719.jpg

4月10日の"hand in hand"リリースまで一ヶ月を切った。
本当に一人でも多くの方に聞いてもらいたい、そして、一人でも多くの方に聞いてもらえるよう毎日コツコツと6人+スタッフで作業をしています。どんなもんかと少しでも気にかかってたら、とりあえず聞いてみてほしい。
こっちからもどんどん歩み寄って行けたらと思っています。


そして、hand in handのリリースパーティーのチケットも先週3月16日からイープラスで発売開始になりました。
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002096543P0050001P006001P0030001
どんな内容かはしばしお待ちを、楽しい感じになってます。


"hand in hand"は全国レコード屋さんでもちろん買えるのだが、
大阪のFLAKE RECORDS、東京ではモナレコード、桜上水223、地元千葉ではPLUGS、そして青森のBurgeなどでも置いて頂ける、本当に嬉しいです。
FLAKEとmonaには特典付きで、モナはライブ音源、
FLAKEにはどんっ!と新曲を特典で付けさせてもらいました。
TOWER RECORDSではバッチ、全6種類、どのバッチが貰えるかはわからないという...笑。

詳しい特典の内容は特設ページにて、今日更新されました。
http://hih.chrisvancornell.net



個人的に、
最近は、対談をさせてもらったり、メンバーみんなでインタビュー受けたりとしてます、近々ご覧になれると。

それと先週、お邪魔させてもらったBRAHMANのツアー「超克」初日のライブが凄まじく良く、あの時の衝動が継続してる、そして、その日トシロウさんに言われた言葉がこれまた突き刺さった...。


まぁ、4月は10日"hand in hand"リリース、21日わをん、5月は12日hand in handリリースパーティーと目白押し。
こりゃ楽しみだ。



後藤大輔
[PR]
by chrisvancornell | 2013-03-19 19:30 | 日記(Diary)