<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

東北ライブハウス大作戦~繋ぐ~

a0282451_20213021.jpg
手元にも届きました、SPACE SHOWER TVスペシャエリアで放送している「東北ライブハウス大作戦〜繋ぐ〜」のDVDが。

あの日から僕には一番リアルな番組、ディレクターは古くからの友達ヨシアキ君に、そして行動している先輩。
この番組程、力をもらえるっていうか、考えさせられる様な番組はない。
なんて言ったらいいか分からないけど、一番自分にリンクさせることが出来るからなのか、この言い方があってるのかわからないけど。

震災以降から2012年まで、僕はヒダカトオルさんと一緒に音楽活動していたこともあり、SPCのみなさんの近くにいる機会が増えた、そこで色々な話しを直で聞くことも出来た。

僕は、ライブの日に物資を持って行ったり、使ってない楽器を寄付した、あの頃の自分が出来ることだった。

あの頃より今の方が何か出来る!とかは残念ながらないけど、何かしたいって気持ちは当時と変わらない、いやっむしろ今の方がでかい。twitterやFacebookで東北ライブハウス大作戦の動向を追ったり、スペシャエリアの放送を見たり、先輩や友人のライブを見に行ってMCを聞いたり、話しを聞く度に、そしてこのDVDを見た今も、何かしたい気持ちはでかくなってます。

本当いつか、バンドで宮古、大船渡、石巻に行きたいな。

まずはその日まで、「今出来ること」「いつか行けるように」を心に留めてやっていこう。
行ったその日にはまた何か違う考えが生まれるような気がする。


よしあき君DVD送ってくれてありがとう。
自分の友人や周りの方々にも見てもらいたい。

よしっ、じゃあ渡しに行きますか!!





後藤大輔
[PR]
by chrisvancornell | 2013-06-25 20:23 | 日記(Diary)

haruka & daisuke

a0282451_19191062.jpg
haruka & daisuke & katie

先週の金曜日、haruka & daisuke(はるかとだいすけ)と言う名で二人でライブしてきた。

聴きに来てくれた方、聴いてくれた方ありがとうございます。

和やかな会場の雰囲気に、合わせゆったりと演奏した、すごく楽しかった!
はるかもすごく楽しかったと言ってる。

この日演奏した曲は、

1. One day in may
2. leave it to me
3. little by little
4. Oats We Sow (Gregory and the Hawkカバー)
5. farewell
6. あの角をまがれば


当日のライブの模様はこちらから見れます。
http://chrisvancornell.tumblr.com/post/52597543421/haruka-daisuke-20130607-fri-kitasando-strobe


アコースティック楽しかった、もっとやっていきたい!
どこでも行くので是非haruka & daisukeの方のお誘いも待っています!
こちらまでドシドシ笑↓
contact@chrisvancornell.net

katieも僕らをちゃんと見ていてくれてて、終わった後に「greaaaat!!! とてもいい曲ね!素敵なブリティッシュサウンドね、ダイスケはイギリス産まれなの!?」って言って来た、katieにそういう風に聞こえたのかと、なんか嬉しかった!
しかし、うまく言葉で返すことができず...もっと英語喋れるようになりたい、うまく伝えられるようになりたい。
そしてChris Van Cornell担当のkippis label松原さんは英語喋れることが判明、これ羨ましい。

katieのスウェーデンポップ一直線な曲すごく良かったな、どこまでもポップ、果てしなくポップ。
また来日したら一緒にやりたいな!
a0282451_19194883.jpg


そして、土曜はよささんと僕で(daisuke & yosa)Hostess Clubに遊びに行ってきた。

mumすごいよかった!!
グンネルとオルヴァルの頭の中はどうなってんだろ。
本当に本当に良かった。

ここ最近素晴らしいライブばかり見れてる自分、幸せです!


後藤大輔
[PR]
by chrisvancornell | 2013-06-11 19:30 | 日記(Diary)

新しい音楽シーンとの出会い

新たに出会ってしまった。
とても興味深い音楽シーン...

人生でビビッと来たのは数回、一番最初はBjorkきっかけで好きになったアイスランドの音楽。
アイスランドの音楽は暖かくて優しくて切なくて、でもどこかアンニュイで、色んな楽器も使ってて、なんだこれー!!すげぇ!!やばい!!とりあえずなんの音か全然分からなかったし初めて聞くような音ばかりで大興奮。そこから自分には北欧の音楽が合うと思い、ここ何年も北欧というキーワードに耳をたててきた(ヒップホップは別)。

北欧の中でもやっぱり、アイスランドが大好きで、Bjork、mum、Sigur ros、amiina、parachutes、For A Minor ReflectionやAlexとjonsiのコンビなどがすごく好き。
これらの音は聞き始めた高校の時から十年間通して聞いても全く飽きない、アイスランド音楽たち。


いつかアイスランドのレコード屋「12 Tónar」にChris Van CornellのCDが置かれるのが夢でもあります。
http://www.12tonar.is/

それとアイスランドの今の音楽シーンが入り交じるイベント、iceland airwavesにいつか出たい。
http://icelandairwaves.is/

アイスランドの情報はここから僕は得ています、小倉悠加さんのブログ「ICELANDia」最高です。
http://icelandia1.exblog.jp/

まぁ、アイスランドのことを話すと止まらなくなってしまうので終了。


話しを戻して、
新たに出会ったのは、アメリカン・フォーク。

出会いはついこの間、Kit galleryにて、YOUR SONG IS GOODモーリスさんが流していた曲がすごく好きで、持って来ていたCDをチェックさせてもらってる時に、モーリスさんとカジさんがアメリカン・フォークについて話しだして、そして、お二方のルーツ話しを聞いて(贅沢すぎる...泣)、それはもう面白すぎる話しで...一気に火がつきました。

アメリカン・フォーク・ルーツを追います。

モーリスさんとカジさんにオススメをいくつか聞いてきました、まず最初はこれ。
The Holy Modal Rounders。
a0282451_19202658.jpg

かっこいいよ、すっげぇいい、曲が面白い。
自分には新鮮です。

今、レコード屋行くのが、すごく楽しいです!!!笑
まだまだオススメやチェックしたいのあるので、日記に書いていこう。
THE STARBEMSヒダカさんからもオススメを頂いたのでそちらもチェックします。



後藤大輔
[PR]
by chrisvancornell | 2013-06-06 20:00 | 日記(Diary)