<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ほりたreview No17.

第17回は、冬の朝によく聞く一枚。
Bobby CaldwellのEvening Scandal。(1978年)
言わずもがなのAORの名盤。
初めてこのアルバムを聴いたのは20歳ぐらいの時。
その当時、CDが試聴できる地元のレンタルCD屋で片っ端から試聴をしまくっていて
その中でこのアルバムを見つけた。
おしゃれなテンションコードにキレの良いドラムのビート、哀愁漂う歌のメロディー。
1曲目のSpecial to meを聴いたとたん、ウォー!!って木更津の片隅で
気持ちが高揚したのを覚えている。
自分のイメージだとこの年代のAORのバスドラムの音はフロントヘッドを
はずしたような、ドフッとしたマイルドな音。
その音がプレベと混ざり合う感触とか最高です。
実際フロントヘッドを外しているかどうかはわかりませんがもし外していなくて
このドラムの音だとすると、アナログテープレコーダーに落とし込んででてくる
ドフッ感ですね。
この年代はレコーディングイコール、アナログテープレコーダーだったのでしょうか。
なんでアナログだと耳に悪そうな低音やhighの音が消えるのでしょうか。
きっとテープ自体が帯域の真ん中あたりをきれいにくりぬいたような自然なコンプに
なっているのでしょうね。
オーケストラが演奏するクラシックだと現代レコーディングの
鮮明度が高い音が最高ですが音楽の種類によってはクリアで綺麗な音が
ベストとも限らないです。
でもAORってバンドサウンドのレコーデイングの音やアレンジの最先端を
築いていった音楽だと思っているので、アルバムが発売した78年に
自分がこのアルバムを聴いていたら衝撃度は凄かったと思います。
(注、78年に自分はまだ生まれていません)

このアルバムで一番有名な曲はおそらく、What You Won’t Do For Love.
後半2分はずっと同じコードなのに歌が出てこないトンチ具合(誰もが一度は
歌でてこないのかよとツッコミを入れているはず)、
タムはL、フロアタムはややRにPANをベタに振り分けてくれている優しさ、
1サビの歌はあえてセンターでなくL45R45あたりでコーラスのみにするしゃれおつ感、
突然チョパーを入れてくるベース、
最高です。

ほりた
[PR]
by chrisvancornell | 2014-11-26 01:20 | ほりた(review)

ほりたreview No16.

第16回は、寒い夜にぼんやりと感傷に浸りたい時に聞きたい音楽。

Twigs&YarnのThe Language Of Flowers
テキサス出身の2人組ユニット。
俗に言うアンビエントと呼ばれる音楽で楽器の音やノイズ、日常のどこかから
発生してくる音をコラージュして音楽が構成されています。

5曲目のMermaid Wetnessが大好きで音のイメージだとドアを開く音に
エフェクトをつけて加工しその音でビートを生み出すという
ドラマー泣かせなオシャンティーなリズムを奏でています。
あと雨の音や水の流れる音、鳥の鳴き声、ペーパーノイズのような音も
でてきてこの一曲を聴くと日常の時間が走馬灯のようにフラッシュバック
していく気がします。
8曲目のBristle of Mundaneに『ドッ、ドッ』って音が出てくるのですが
これが心臓の音のように聞こえてくるのですよね。
心拍数を表す音って一般的に『ドクッ、ドクッ』と表現しますが
実際心臓の鼓動をマイクで録音してもドクッ、ドクッって鳴ってる気は
しない。
しかし鼓動という言葉は、『鼓』という漢字が使われているので
鼓動も太鼓の仲間なのかもしれない。

この音源はそんな事を考えるきっかけもくれたりします。

あとアンビエントの音楽を聴き続けると、普段の何気ない音を録音したくなったり、
常に耳に入ってくる音が音楽的に聞こえてきて楽しくなったりしますが
聞き込みすぎると四六時中ずっと音楽を浴びている状態になり
体も耳も疲弊してくるのでその点はご注意ください。

ほりた
[PR]
by chrisvancornell | 2014-11-19 18:45 | ほりた(review)

ほりたreview No15.

第15回
Hello SaferideのMore Modern Short Stories From Hello Saferide

日本向けの紹介文にはスウェーデンのアニカ・ノリーンによる
ウルトラポップなアコースティックプロジェクトとか書かれています。
スウェーデンのいわゆるスウェディッシュポップと呼ばれるものでは
カーディガンズやクラウドベリージャム、エッグストーンが日本では
人気があってバンドマンは好きな人が多いと思います。
もちろん自分も大好きで一時期スウェーデンに憧れてスウェーデン語を
独学で勉強していました。

そんなスウェディッシュポップを探しまわっていて出会ったがHello Saferide.
8曲目のAnnaから9曲目の25Daysへの流れが好き。
Annaはシンプルでカジュアルでミディアムな8ビートにおしゃれなのか
いなたいのかのギリギリを漂うギターソロのバランス感、でも結果
アニカの歌声が優しくて最高。
25Daysは日曜日の北欧の教会でみんなで歌っていそうな雰囲気が良い。
けど歌詞は大人な内容か?
でも結果アニカの歌声が優しくて最高。
アルバム一枚通しても結果歌声を聴いて切なくなるHello saferide大好きです。

追記で
このCDは普通のアルバムサイズなのですがCDのケースがやたらと歌声と
反するほど頑丈な作りになっています。
飛行機が苦手でびびっていましたが最近少し大丈夫になってきたので
スウェーデンに行きたい。

ほりた

[PR]
by ChrisVanCornell | 2014-11-12 19:58 | ほりた(review)

ほりたreview No14.

第14回。
Keith kenniffのBranches
アメリカのミュージシャン。
以前エレクトロとエレクトリックの認識について書きましたが
Keith kennniffもその二つをうまく融合している音楽。
エレクトロのノイズ音とエレクトリックな音質に
ピアノやストリングスの生楽器の音が心地良い具合に
混ざって一つの音楽に。
初めてKeith kenniffを聞いた時に感じた印象はエレクトロの要素である
電子のノイズでビートを構築している!!というもので
何種類かのノイズの音質でドラムでいう8ビート風なリズムを
作りだしている事でした。

例えば、ジー、ビー、ボー、ザー、というノイズの音があって
ドラムの8ビートを作り出す。4拍子の一小節にハイハットを8分音符で刻んで
バスドラムを一拍目と三拍目に、スネアを二拍と四拍目に打つパターンがあった
としてそれをノイズの音にはめこむ。
ハイハットの八分音符を ジービージービージービージービー
バスドラムをボー、スネアをザーにして、ボーザーボーザー
こうするとドラムで聞きなれた8ビートもノイズで作るととても
新鮮な感触に感じられます。
生のドラムの生楽器ならではなダイナミクスが心地良いのはいうまでも
ありませんが電子音を組み合わせて作るビートも無機質なのに趣深い。

個人的なアルバムのおすすめ曲はHere.
ピアノの音にストリングスが混じってきてノイズのビートが重なってくる。
メインのテーマになるメロディーがあるわけではないのに重なりあう音で
景色が浮かんでくる。
他にも違和感なく耳に飛び込んでくる曲がたくさん入っているこのアルバムは
ぜひ一家に一枚あって欲しい音源です。

ほりた

[PR]
by chrisvancornell | 2014-11-05 23:50 | ほりた(review)